コラム

もう一つ自慢のメニュー アプフェルシュトゥルーデル

前回お話しましたカフェスクールの海外研修ツアーでもう一つの出会いがありました!

 

 

「アプフェルシュトゥルーデル」

アプフェルは「りんご」

シュトゥルーデルは「巻き」という意味

うすーく伸ばしたパイ生地(ウィーンではシュトゥルーデル生地でちょっと食感が違ったかな?)で、りんごにレーズンなどを加えて漬け込んだものを巻いて焼き上げたお菓子です。

DSC_0032

 

カフェスクールの研修ツアーだけあって、カフェで、コンディトライ(ドイツ語で菓子店)で、ケーキやドリンクを食べたり、飲んだり・・・・。もう甘いものは・・と思ったところにまたまた何種類ものケーキをみんなで食べ比べ・・「アップルパイ」・・・キツイな・・・

「あれ、りんごがフレッシュ!」「美味しい!!」

 

その後帰国し、ウィーンのお菓子の本を読んでいると「アプフェルシュトゥルーデル」。あのお菓子は「アプフェルシュトゥルーデル」。

そしていろいろなレシピをみて、試して、ドイツに住むお友達にも聞いてみて、日本の食材で出来るオリジナルアプフェルシュトゥルーデル完成!

お客様からも「さっぱりしていて美味しい!」「もう一つ食べれそう!」とご好評をいただいております。

当店の看板娘??です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 



ページトップへ戻る