イベント

新企画「Klavier Seminar(クラビーア・ゼミナール)」登場!

Café Klavierの新企画!

「Klavier Seminar(クラビーア・ゼミナール)」始まります!

カフェ・クラビーアの新企画「クラビーア・ゼミナール」は、 クラシック音楽の名作が生まれた背景、

そこで作曲者が用いた技法、それらの歴史的な意味、

さらには演奏法までを、ピアノのデモンストレーション付きで解説する企画です。

第1弾はベートーヴェンのピアノソナタについて、

特に人気の高い「悲愴」「月光」「ワルトシュタイン」「熱情」の4作品を中心に、

全2回にわたって音楽学の専門家、岡田安樹浩氏に解説していただきます。

クラシック音楽の歴史や名曲に隠された(ちょっとマニアックな)秘話に興味のある愛好家の方にも、

本格的に勉強されている音大生の方にも楽しんでいただける内容となっています!

第1弾 ベートーヴェン「4大ピアノソナタ」解題

日程

第1回:7月25日(土)18:00~20:00 「悲愴」と「月光」を中心に、ベートーヴェン初期のピアノソナタについて解説します 

【7月25日開催ゼミナールの当日の様子はこちらから】

第2回:8月1日(土)18:00~20:00 「ワルトシュタイン」と「熱情」を中心に、ベートーヴェン中期のピアノソナタを解説します 

【8月1日開催ゼミナールの当日の様子はこちらから】

受講料:7,000円(2回セット) 3800円/1回のみ受講

各回ワンドリンク&お菓子付き

 最少催行人数 10名

楽譜をお持ちの方は、是非当日ご持参ください。

講師:岡田安樹浩

DSC_0718

Profile

ピアノ、作曲、指揮を学んだ後、桐朋学園大学にて音楽学を専攻。慶應義塾大学大学院修士課程ならびに博士課程修了。

2011年より2年間ベルリン自由大学にて学ぶ。2015年、慶應義塾大学にてリヒャルト・ワーグナーの研究で博士号(美学)を取得。現在、埼玉大学非常勤講師。

専門分野は18〜19世紀のドイツ音楽。

 



ページトップへ戻る