イベント

音楽のお散歩♪vol.6♪当日プログラム&見どころ聴きどころ♪

あっという間に9月になり秋になりました

芸術の秋といえば「音楽のお散歩vol.6~グリーグとシベリウス~北欧を描いた作曲家たち」

お店の朝のBGMのペール・ギュントに耳を傾けながら、当日のデザートプレート何にしようかな?と

考えています

チケット発売中です是非、秋に、ゆっくりとお楽しみにいらしてくださいませ。

 

さて、当日ピアノ&解説を担当します、堺 真理さんより、

当日のプログラムとご一緒に、今回の見どころ&聴きどころをご紹介します

 

当日のプログラムです

・・Edvard Grieg ・・

「ペール・ギュント」
第一組曲より

朝 Op.46-1
アニトラの踊り Op.46-3

第二組曲より

ソルヴェイグの歌 Op.55-4

ピアノソナタ Op.7 第一楽章

抒情小曲集
第1集より

アリエッタ Op.12-1
ワルツ Op.12-2
妖精の踊り Op.12-4
ノルウェーの旋律 Op.12-6

第3集より

蝶々 Op.43-1

ヴァイオリンソナタ 第三番 Op.45 第一楽章

・・Jean Sibelius・

ピアノのため5つの小品〜樹木の組曲より

白樺 Op.75-4
樅の木 Op.75-5

ユーモレスク Op.87より

ロマンス Op.78-2

ヴァイオリンとピアノのための5つの小品 Op.81

※曲目、演奏順は変更する場合がございます。

 

DSC_0284 ピアノスタッフ 堺 真理さんより、今回の見どころ聴きどころ

 今回の音楽のお散歩♪は、ノルウェー生まれのグリーグとフィンランド生まれのシベリウスをテーマにお届けします。
彼らはロマン派の作曲家の中でも国民楽派とよばれ、それぞれの母国の伝統的な民謡や民族音楽、文化や自然などの要素がその作品に色濃く表れていることが共通した特徴だと言えます。

グリーグは、ペールギュントやピアノ協奏曲イ短調が特によく知られていますが、実はピアノのための曲をたくさん遺しており、そのことから「北欧のショパン」とも称されます。
今回ピアノソロ作品として叙情小曲集の中から数曲と、ピアノソナタを演奏いたします。
また、彼はヴァイオリンソナタも3曲作曲しており、今回演奏する第三番は力強く聴き応えのある作品です。

シベリウスは、フィンランディアや交響曲第2番などオーケストラ曲のイメージが強いですが、ピアノやヴァイオリンのための小品も数多く作曲しています。
樅(もみ)の木は日本でも人気のあるレパートリーですね。
ヴァイオリンとピアノのための5つの小品は、派手ではないですが、とても美しく不思議に心惹かれる名曲です。

ぜひ皆様に聴いていただきたいです。

ピアノスタッフ 堺 真理

お申込み方法

オンライン、ご来店にて承ります。

オンラインにてお申込み お申込みフォーム送信後、当店よりフォーム受理確認メールをお送りします。
当店からの確認メール送信後5日以内に銀行振込もしくはご来店にて、参加費をお支払いください。
 

ご来店にてお申込み 所定の申込用紙にご記入後、参加費をお支払いください。

カフェクラビーア 営業のご案内



ページトップへ戻る