コラム

日々のこと

新年明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

 

1月4日(土)より営業を開始いたしました。

4・5日には当店の大人の発表会 Salon de Klavierでお世話になってる皆様や

日頃ご愛顧頂いておりますお客様にたくさんご来店いただき、

また、休日にと初めてご来店いただいた方などなど

2014年スタートから、たくさんの元気をいただきました!!

 

本年も皆様に心豊かにお過ごしいただけるお手伝いができたらと思います

スタッフ一同今年も頑張ります!

どうぞよろしくお願いいたします

 

2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように

 

Café Klavier

スタッフ一同

 

 

 

 

 


事後報告ですが・・

先日、bayfmの朝の番組「power bay morning」の「morning看板娘。」というコーナーに・・・

私、西川出演しました 2・3分ですが・・・

この年齢で「看板・・」・・に少々抵抗がありました。っが、

リスナーさんからのリクエストで私をと!!!!!

なんと嬉しいお言葉に即「わかりました!」っと

きっと当店を応援して下さっているお客様からだと思います。

とても素敵に当店と私をご紹介頂いていて、本当に嬉しいです

 

本当はon Airされる前にご報告をと思いましたが、

当日は内緒で一人で聴かせていただきました

(私事ではございますが、収録の前日がお休みで、

気心の知れた女子??会が1年ぶりにありまして・・

楽しくなって

そのため、声が少々低く・・・こんな声だっけ??っという感じでした・・)

 

ご紹介して下さったお客様!

私の心当たりは数件ございます。

そのうちに教えてください

 

 


お客様からご紹介していただいた本♫

11月に入りました。

本当に今年も残すところ・・・

いろいろな店先ではクリスマスの準備

 

さて、読書の秋ももう少し満喫したい今日この頃です

 

先日お客様にご紹介いただいた「パリ左岸のピアノ工房」という本

昨日手元に届きました

 

今朝、時間がない中、待ちきれなくさわりの部分を読み、

続きが読みたいのを我慢して・・・

 

当店の本棚に入れています。

是非、お茶しながらゆっくりと手に取って読んでみてください

DSC_0440

 

 


飛び入り♫スペシャルゲスト♪

6月25日(火曜日)夜、

いつものピアノ演奏(担当ピアノスタッフ 神力佑一郎)に

ヴァイオリンToth Eszterさん(ハンガリーより来日)&ピアノ神窪翔子さんによる飛び入り演奏

DSC_0240

なぜ???

ピアノの神窪さんはピアノスタッフ 神力の同級生

そしてヴァイオリンのエステルさんは6月20日よりハンガリーから日本に遊びにいらっしゃいました。

リスト音楽院で共にお勉強された神窪さんとせっかくなのでどこかで演奏を

ということで、嬉しいことにここCafé Klavierで実現となりました

いつものお客様、そして神窪さんのお知り合いの皆様などなどで店内は満席

久しぶりの再会!新しい出会い!音楽を楽しむことを通じてまたまた繋がる縁

すてきな夜となりました

DSC_0245

左より、今夜の「Night Fever」にご自身の曲でご出演された秋山さん(何を隠そうピアスタの先生でもあり、声楽家でもあり、シンガーソングライターでもある・・)、ピアノスタッフ神力、神窪翔子さん、エステルさん

 

お二人のプロフィールは下記の通り

Toth Eszter(ヴァイオリン)
ハンガリーのミシュコルツ出身。
リスト音楽院卒業後、ミシュコルツ大学でマスター取得。
現在はブダペストで後進の指導のかたわら、Maga Zoltan and the Angelsのメンバーとして演奏活動も行っている。

神窪翔子(ピアノ)
山口県岩国市生まれ。
私立市原中央高校音楽コースを卒業後、ハンガリーの首都ブダペストへ留学。国立リスト音楽院卒業。帰国後は演奏活動のかたわら後進の指導も行っている。

 


素敵な贈り物♪感激です!!

土曜日に素敵な贈り物を頂きました

DSC_0049

オーストリアの切手

その切手にはCafé Hawelka(カフェ・ハヴェルカ)の外観とそこで提供されるカフェ メランジェが再現されています。

頂いてすぐに黒と白の看板で・・ハヴェルカだ

わたくしオーナー西川がカフェスクールの海外研修ツアーでウィーンに行き、たくさんのCaféも巡りました。

その中でもなぜか気に入ったCaféがハヴェルカ

そこでこのメランジェもいただきました

DSC_0054 DSC_0052

古びたカフェ。

アーティストや文学者たちが集った、なんだかエネルギーを感じるカフェ。

「ウィーンのカフェハウス」(田部井 朋見著)という本に

「彼らがハヴェルカに通ったのは、ただ単に他のアーティストに会うためだけではない。・・

何より、オーナーをはじめ、ここに集う客たちにアドバイスと元気をもらうことが目的であり・・」と。

私がこのKlavierをオープンした目的と同じ

 

プレゼントしてくださったお客様は、オーストリアに何度か旅をされている方です。

近所にお住まいではなく、当店のオープン当初からオーストリアを感じに

何度かわざわざご来店していただいております。

そして、オーストリアのお話をたくさん聞かせていただいています

土曜日はこのプレゼントを届けるためにご来店してくださいました

「この切手を喜んでくれるのは西川さん♪」と私を思い出してくださり、

またこの切手に合うフレームを探してくださり

本当に本当に感激いたしました

この切手を見て、またまた「オーストリアに行きたい!」

「もう一度ハヴェルカにも行きたい!!」と

胸がわくわくしてしまいます

店内に飾っています。どうぞご覧くださいませ

本当に本当にありがとうございます

 

 

 

 

 

 


ラベンダー

お客様よりラベンダーを頂戴いたしました

ラベンダーといえば、ポプリなどで花穂の状態のものをよく見かけますが、

花の咲いているものをあまり観たことがありませんでした。

日に日に開花しております

店内に飾っています。

どうぞご覧ください

DSC_0032



ページトップへ戻る