ワークショップ

大人の楽典

ワークショップ 第2回「大人の楽典」開催のお知らせ♪

前回、5月に初めて開催いたしました「大人の楽典」

受講いただいた方からも次回も違うテーマで是非

そして前回ご都合で参加いただけなかったからも、是非とのお声をいただき、

ようやく2回目を開催する運びとなりました

音楽初級者大歓迎です!

DSC_0158

(前回のご案内と前回の講座の様子を是非ご覧ください!)

前回のご案内
前回の様子

今回は2つの講座をご用意します。

日時:2014年9月7日(日)

大人の楽典 楽譜~譜表と音名~ 10:30-12:30(開場10:15~)

大人の楽典 音程        15:30-17:30(開場15:15~)

各講座、講習+Tea Time(Tea Timeでは皆様からの素朴な質問もどんどん受け付けます

*ご興味のある講座から受講いただけます。

料金:各講座 3800円(税込 テキスト・ワークブック・ワンドリンク+お菓子付)

定員:各講座12名(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)

各講座終了後に各自持ち帰って復習のできるワークブックをお渡しします。

ワークブック答え合わせ&解説の会を後日、当店にて実施します。

日時につきましては、ワークショップ当日ご案内いたします。

(参加費 1000円+メニューより1品以上のご注文をお願いします。)

持ち物:筆記用具

DSC_0813

—————-

講師プロフィール
—————

湖口浩朗

音楽インストラクター、作・編曲家。

思わず「なるほど!」を目標とし、専門知識を明快に伝えられる講座を研究している。

習志野市出身。幼少期にピアノの手ほどきを受けるが、小学校の管弦楽クラブでホルンと出会い、

本格的なレッスンを開始する。

その後、音楽理論や作曲に目覚め、
習志野市立谷津小学校、習志野市立第一中学校、千葉県立幕張総合高校(音楽コース)を経て、

洗足学園音楽大学にて作曲を専攻。2010年に同大学を主席で卒業。

現在は同大学ミュージカルオフィスにおいて主にアレンジャーとして活躍しているほか、

音楽工房ピアスタ特別講師をつとめる。

湖口先生より

楽典とは、音楽の基礎的な理論のことです。
主に楽譜の読み書きや、楽譜からの情報の読み取り方についてあつかいます。
大人の楽典では「いまさら聞けない…」
「知ってはいるけど説明できない…」から「そんな決まりもあったんだ!」までを幅広くご用意しています。
楽譜の理解が深まれば、練習がもっと楽しくなるはず!
奮ってご参加ください♪

 


ワークショップ「大人の楽典 vol.1」

当店のお客様の中には、

大人になって、ピアノや管楽器などを始められた方、

小さいころに少しやってたけど・・・大人になってまた再開した方、

などなど、「演奏すること」を大人になって始めた方が多くいらっしゃいます。

そして皆さん「楽譜が読めないから〜」とおっしゃいます。

そしてそして!それぞれ大好きな曲を演奏するにあたり、すっごい努力をされていることがわかりました

耳で聴いて、音を探している方、You Tubeなどで映像を見て鍵盤の位置を確認しながら・・・の方

ある意味すごい力です

もしも、楽譜がもう少し読めたなら。。もっとたくさんの曲に出会えるのでは??

っということで「大人の楽典」を開講します

学生にもどって机上での音楽のお勉強いかがでしょうか?

皆様の音楽生活がもっと充実したものになりますように

500146

 

♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫ ♫

日時:2014年5月10日(土)13:30-15:30頃

講習+Tea Time(Tea Timeでは皆様からの素朴な質問もどんどん受け付けます

料金:3,800円(税込/テキスト+ワンドリンク&お菓子付)

定員:20名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)

講師:湖口浩朗

DSC_0813

—————-
プロフィール
—————-
習志野市出身。幼少期にピアノの手ほどきを受けるが、小学校の管弦楽クラブでホルンと出会い、

本格的なレッスンを開始する。

その後、音楽理論や作曲に目覚め、現在は作・編曲家として活動している。
習志野市立谷津小学校、習志野市立第一中学校、千葉県立幕張総合高校(音楽コース)を経て、

洗足学園音楽大学にて作曲を専攻。

2010年に同大学を主席で卒業し、

現在は同大学ミュージカルオフィスにおいて主にアレンジャーとして活躍しているほか、

和洋女子大学アンサンブル部のコーチもつとめる。

 

湖口先生より

「譜読みを早くしたい」と感じた事はありませんか?
実は、始めに音源を聴くという方法は間違いです。
人が外界から情報を得るとき、

その割合は目から80%程、一方で耳からは10%程だといわれています。その差は 約8倍!
つまり、耳を使う「音源」からよりも目を使う「楽譜」から音楽をイメージする方が、

譜読みの段階では正確かつ効率的なのです。

《大人の楽典》では、音楽理論の基礎といわれる楽典のうち「楽譜の読み方」に関するものをご紹介します。
・音符と休符から正しいリズムを読み取れますか?
・楽譜に記載されているいろいろな記号の意味は分かりますか?
・シャープ、フラットの有効範囲が説明できますか?
「いまさら聞けない…」「知ってはいるけど説明できない…」から「そんな決まりもあったんだ!」

までを幅広くご用意しております。

楽譜の読み方を学べば、練習がもっと楽しくなるはず♪
「譜読みの進まないもどかしさ」を解消しましょう!
奮ってご参加ください♪

 



ページトップへ戻る